ホーム > 化粧品製造
製造の流れ
製造品種
箱・容器
印刷(チューブ・容器・箱)
OEM企画例
サロン様へ
よくある質問

通常、化粧品を製造するとなると、最小釜100Lが小ロット製造とされており、30mlの美容液で換算すると、約3,300本分にも相当します。そうなれば、1種類の化粧品を製造するには、100万〜200万円もの初期投資が必要になります。 また、製造ロットが大きいと新商品の切り替えが出来ず10年前の古いコンセプトの化粧品のまま販売することになります。化粧品という注目業界にも関わらず、新規参入へのハードルは非常に高いのが現状です。

弊社は、各企業・決起業の立場に立って試行錯誤した結果、「わずか100個から」の化粧品製造という今まで不可能だったことを可能にしました。

小ロット製造だと、在庫のバルクを小分けするだけではないかと思われるかもしれませんが、ご安心下さい。弊社は、小ロットにもかかわらず、ゼロからのオリジナルブレンドで、化粧品をつくることができます。

化粧品を100個から製造できるからといって、3000個製造するような高い価格では意味がありません。弊社では、わずか100個からという小ロットにも関わらず、洗顔・化粧水は6万円から、美容液・クリームでは8万円〜という低価格を実現しています。これは、弊社独自に築き上げてきた、協力体制だからこそご提供できるサービスです。

弊社スタッフが丁寧に対応させていただきます。 在庫容器は各100個〜使用可能。

資材のロットが大きくて困るという方、弊社OEM協力体制により、在庫しているアクリル容器をご使用ください。100本〜使用可能ですので、お気軽にご利用ください。

箱・容器見本はこちら
試作は何回繰り返してもOK

弊社は、お客様の「こだわり」を実現するために、ご納得頂けるまで、試作は何回でもやり直せる体制をとっています。

製造の流れはこちら
30年以上にわたる化粧品業界での研究と実績

弊社は30年以上という長きに渡り、化粧品業界に携わってきました。その中で、2ヶ月で20万本製造という大ヒットさせた「形状記憶クリーム」や、「活性型」EGFの抽出研究など、研究・開発には力を入れております。また、小ロット製造の功績を讃えられ、2011年12月5日、白金台 八芳園にて元皇族 伏見博明 殿下より社会文化功労賞を受賞しました。

OEM企画例
OEM企画例
多数のメディアから記事掲載されています。

弊社の研究内容は、日本流通産業新聞、週刊粧業、健康産業新聞等、多数の全国紙に記事を取り上げられています。

メディア情報はこちら
ページの先頭へ