近年、インターネットの発展により、〝安売り競争〟や〝投げ売り〟が常に激化しています。
皆様も、覚えがあると思いますが、インターネットで商品を検索する際、自分でも複数のネットショップを検索し、価格比較をして、「一番安い商品を探す」ということを行なっていると思います。
つまり、販売者であるネットショップ側は、同一の商品を扱う場合、最も安い価格を提示できたショップにお客を奪われることになります。
唯一の解決策「発売元」。
しかし、通常の製造ロットは3,000からと
初期投資及び在庫リスクが高すぎる。
「他社ブランドでの仕入れ」のやり方では到底成功などできないと言えるでしょう。ただ、その中で、一つだけ方法があるとすれば、それは「発売元」になることです。
しかし通常、化粧品を製造するとなると、最小釜100Lが小ロット製造とされており、30mlの美容液で換算すると、約3,300本分にも相当します。そうなれば、1種類の化粧品を製造するには、100万〜200万円もの初期投資が必要になります。 また、製造ロットが大きいと新商品の切り替えが出来ず10年前の古いコンセプトの化粧品のまま販売することになります。化粧品という注目業界にも関わらず、新規参入へのハードルは非常に高いのが現状です。
では、どうすれば...?
株式会社セントラル・コーポレーションは、OEMのメーカーとして皆様の初期投資を軽減する為に日々研究・開発を繰り返して「ゼロからオリジナルのブレンド」で化粧品・健康食品を「わずか100個から」工場にて製造しています。
100個からという小ロットにも関わらず、洗顔・化粧水は6万円から、美容液・クリームでは8万円〜という低価格でオリジナルブランドを保有することができます。これは、弊社独自に築き上げてきた、協力体制だからこそご提供できるサービスです。新規参入したい皆様に安心できるOEMのパートナーとして商品開発を全力でサポートします。
OEM とは「Original Equipment Manufacturing」の略で、自社ブランドの製品を製造することです。
化粧品業界で成功するために、最も大切な条件といえるのが〝安売り競争〟に巻き込まれない「発売元」になることです。
 当社では、できるだけ多くの人に「発売元」になってもらいたいとの思いから、創業来40年にわたって「100個〜の小口ットOEM製造」を提供し続け、業界に革命を起こしてきました。
当社の小ロットOEMサービスでは、最終製品の希望小売価格のほぼ20%以内の製造原価で協力支援をしているため、100個製造した内20個売れれば発売元に損はありません。100個程度であれば広告を使わずとも売り切ることが可能であるため、リスクはほぼゼロといえますので気軽に発売元になる事ができます。
ヒト幹細胞などの
差別化原料を輸入在庫!
OEM先様の戦略に合わせ、世界中のあらゆる高研究・高品質の原料
をリサーチ、厳選し、取り扱っております。ぜひOEMの際にご利用ください。
例 「ヒト幹細胞」「活性型EGF・FGF」「活性型馬プラセンタ」
戦略設計アドバイザー
が在籍!(完全無料)
40年間で3万件以上もの相談件数を誇る戦略設計アドバイザー在籍
しており、無料で相談できます!「その会社の特徴にあった」オリジナル
製品のOEM製造を提案し、多くの化粧品会社を成功に導いてきました。
研究者である
講演会講師が在籍!
美容の専門展示会で満席・立ち見まででた人気の講演会を依頼できる!
グラフィックデザイナー
が在籍!
専門のデザイナーが在籍しており、
パッケージデザイン・パンフデザインまで依頼できる。
わずか「100個から」でも
OEM製造
在庫バルクを小分けではなく、全く新しい処方で、小ロット生産できます。
1セット10万円する下着のセットは、売れても次の月のリピートがなく、段々下着自体も売れなくなり、売上を上げる方法を探していました。
そこで、藁をも掴む想いで、展示会で出会ったセントラル・コーポレーションさんに、相談させていただきました。新規参入することへの不安は大きかったですが、化粧品の平均リピート率は約50%と高値であること、売り方や戦略まで決めてから製品を製造することなど、細かく説明していただいたので、不安は解消され、第一歩を踏み出す決心がつきました。そしてなにより、行動することの大切さを教えていただきました。
現在、シリーズは10種類を超え、販売会社の数は20社に上る程成長しました。ほんとに感謝しています。
「生ヒト幹細胞」培養液
エッセンス&クリーム
ある会社は、EGF化粧品のみの売り上げが100万/月でしたが、幹細胞の成分を入れただけで、500万/月になりました。 当社と長年取引のある年商50億を売り上げる会社もヒト幹細胞培養液を入れました。
国内で一般的に流通している、複数の幹細胞原料を比較してみたところ、主成分の濃度に25倍以上の開きがあり、大きな問題になっています。
当社が輸入しているヒト幹細胞培養液には、主成分であるECM物質(フィブロネクチン、コラーゲン)が多く含まれ、 「フィブロネクチン」の場合、約25倍以上、「コラーゲン」の場合、約3.6倍以上含有されています。
OEM企画例はこちら
新聞社の取材は、毎年8回ほどあり、日本流通産業新聞、週刊粧業やエステ業界紙の「エステティック通信」や「BEELLEZa」などでも研究内容および功績が取り上げられています。
2011年12月5日には、小ロット製造の功績を讃えられ、白金台 八芳園にて旧皇族 伏見博明殿下より「社会文化功労賞」を授与されました!
御社が40年にわたって小ロットOEM事業を
展開し続けているのはなぜですか。
40年に及ぶ「支援」という「恩返し」
一言で言えば恩返しです。私自身、多くの人に支えていただいて独立し、今があります。ペイ・イット・フォワードの精神で、受けた恩を返そうと思い続けてきました。小ロットOEM事業は決してもうかる商売ではありません。当社の「100個~」のOEM事業を真似る事業者もたくさんでてきましたが、長続きするケースは少ないようです。もうかればいいという発想ならば、もっと他のビジネスモデルを採用したでしょう。「化粧品は、発売元にならなければ成功できない」という信念の下、恩返しとして、多くの起業家の成功を支援してきました。これから先も、これまで以上に「常に人の為」を貫き、一生涯をかけて、全力を尽くし、皆さんを支援していく決意です。
 「行動しなければ成功はつかめない」というのは普遍的真理です。当社とともに、成功の第一歩を踏み出していただければと思います。
OEMの流れ
御社オリジナルの製品をゼロからお作りする流れをご説明。ヒアリングから試作、薬事申請、パッケージデザインから製造納品まで。
製造品種について
弊社は化粧品の製造をメインに行っておりまして、アンチエイジング化粧品やリフティング化粧品などを製造しています。
また、業界のノウハウも40年以上ございますので、その他様々なニーズに対応することが可能ですので、お気軽にご相談ください。
箱・容器について
弊社はOEM製造時に「100個~」対応可能となっております。また、製品は勿論ですが同封する容器や箱についても数量に応じて使用できるよう体制を整えております。
OEM企画例
日本に流通している一般的な幹細胞より、当社が輸入している幹細胞には主成分である、ECM物質(フィブロネクチン、コラーゲン)が多く含まれ、「フィブロネクチン」の場合、約25倍以上、「コラーゲン」の場合、約3.6倍以上含有されている。さらに種となるEGFやFGFなどのグロースファクターも含有。また、ECM物質(フィブロネクチン、コラーゲン)の生成促進により、通常の培養液より当社の培養液のほうが、皮膚繊維芽細胞の増殖が促進されることが確認された。