TOP > 化粧品原料 > ヒト幹細胞培養液(ナノ化・リポソームカプセル)
原料コンテンツ観覧時のお願い
当コンテンツは、化粧品業界およびその関係者を対象に、 化粧品用原料に関して適正にご使用いただくための情報提供を目的としております。
一般消費者の方を対象とした情報提供を目的としたものではない事を予めご了承ください。
また、このコンテンツに掲載されているコピー・画像等を当社に無断で広告等、販売促進に関する印刷物やインターネット・モバイルサイト等に転載する事は、固くお断り致します。
「日本 総輸入元」原料
OEM先様の戦略に合わせ、世界中のあらゆる高研究・高品質の原料をリサーチ、厳選し、取り扱っております。ぜひOEMの際にご利用ください。
ヒト幹細胞培養液(ナノ化・リポソームカプセル)
ヒト脂肪細胞順化培養液エキス
ヒト幹細胞主成分(フィブロネクチン)の
成分濃度が25倍!
日本に流通している一般的な幹細胞より、当社が輸入している幹細胞には主成分である、ECM物質(フィブロネクチン、コラーゲン)が多く含まれ、「フィブロネクチン」の場合、約25倍以上、「コラーゲン」の場合、約3.6倍以上含有されている。さらに種となるEGFやFGFなどのグロースファクターも含有。また、ECM物質(フィブロネクチン、コラーゲン)の生成促進により、通常の培養液より当社の培養液のほうが、皮膚繊維芽細胞の増殖が促進されることが確認されました。
人間の「細胞を増殖させる」には、
「ヒト由来」が不可欠
人間の「細胞を増殖させる」には、「ヒト由来」でなけばならないということが、絶対必要な条件である。「細胞を活性させる」ためには細胞内の特定の形をした鍵穴(レセプター)に、ピッタリ合う鍵(リガンド)となる物質が必要であり、「ヒト由来」幹細胞には細胞のレセプター(受容体)に一致するリガンドとなる成長因子などやサイトカインが豊富に含まれている。これが、細胞活性や増殖の基本知識となる。
ヒト由来成分のため、厳重な安全試験が必要!!
輸出国食品医薬品安全庁の化粧品原料指定に関する規定(第2010-99号)をもとに、毒性試験やウイルス検査を行っている